弊社の食品衛生研究所の役割と紹介

MCグループの品質管理部門として、食品の安全・安心について、真摯に取り組んでいます。主に、監査・検査・教育の3つの基本方針をもとに、食の安全の追求と、研究に取り組んでいます。


製造工場の自主監査

弊社グループの各工場施設を定期的に巡回し、原料入荷保管から製品出荷までの一連の工程確認と安全点検、食品関連法規上の表示確認などを行い、問題点を確認し合い、作業の見直しや改善指導を行いながら、製品の事故を未然に防ぐ努力をしています。また、工場で使用する機械設備や従業員の手指などの微生物検査を行い、手洗いから清掃まで基本的な衛生管理の徹底を図っています。

製品の安全検査

弊社から提供する製品や、使用する原材料の微生物検査や理化学検査、官能検査などを行います。検査基準をクリアしない原料や問題のあった場合には、工程別の検査を実施して、場合によっては改善が実施されるまでの間、製品の出荷停止や原料の使用を中止するなどの徹底を図り、安全性の確認を図っています。

従業員の安全教育

従業員を対象とした衛生セミナーを定期的に実施して、啓蒙活動、情報提供をしながら常に衛生意識と食品の安全意識の向上に努めています。HACCP、ISO22000の考え方に準じた指導マニュアルを作成して、その記録の確認を行っています。その他衛生製品の研究や、各工場の用途に応じた指導と徹底を図っています。