TOKYO X(トウキョウエックス)
美味しい肉質の豚をかけあわせた交雑種のX(クロス)と、未知の可能性X(エックス)を秘めた東京生まれの豚という意味からTOKYO Xは名付けられました。


これまでインパクトあるネーミングとそのおいしさが話題となり、テレビや料 理の本などでたびたび紹介されました。 TOKYO Xは3つの品種(北京黒豚、イギリス系黒豚、デュロック種) を交配させて改良した新しい品種の豚で、上質の赤身と脂肪がほどよく混 ざった肉質が特徴です。餌は遺伝子組み換えをしていないトウモロコシや 大豆を使用。おいしさと安全性の両方にこだわりました。

みなさまの食卓に、
安全でおいしい豚肉TOKYO X(トウキョウエックス)をお届けします。
東京都畜産試験場(青梅市)が7年の歳月をかけてつくりあげた豚TOKYO Xは、経済効率のみを追求してきた今までの畜産を見直し、動物の健康に 配慮して肉のおいしさと安全性にこだわっています。 TOKYO Xは「安全性(Safety)」「生命力学(Biotics)」「動物福祉(Animal welfar)」「品質(Quality )」の4つの理念をもつ、 「東京Sa BAQ」の考え方に基づいて育てられています。

Safety-安全性

・豚の健康状態を良好に保ち、病気への感染を防ぐよう努めています。
・肥育期間は抗生物質を含まない指定飼料を使っています。

Biotics-生命力学

・指定飼料はポストハーベストフリー(収穫後に農薬を使用しないで、遺伝子組み換えを行っていないトウモロコシや大豆を採用しています。

Animal welfar-動物福祉

・動物本来の生理機能に沿った飼育管理を行い、より健康な豚に育つよう心掛けています。
・ゆったりとしたスペースと充分な勘気、採光をキープした豚舎で育てています。

Quality-品質

・脂肪の質と味が良い北京黒豚、筋繊維が細かく肉質が良いバークシャー、脂肪交雑が入るデュロックの3品種から、それぞれの良いところを取り込んで改良しました。

安全に配慮したTOKYO X(トウキョウエックス)の飼育方法


東京都畜産試験場で開発された、TOKYO Xは安全性に配慮して育てられています。 飼料は、収穫後農薬のかかっていないとうもろこしを6.3%含む餌を使用し、飼料米を給与しています。
また、抗生物質や抗菌性物質も一切使用されていません。これにより、より安全なTOKYO Xの豚肉を都民の皆様にお届けすることができます。この仕様は東京SABAQ活性化事業に基づいて行われています。

飼料の配合はこちら


平成9年からスタートしましたTOKYO X(トウキョウエックス)の生産も、おかげさまで10年目を迎えることができました。
皆さまのご愛顧により販売も順調で、わずかづつではございますが飼育規模も増やしております。 ですが通常の豚とは異なり大量生産ができない豚です。「東京SaBAQ」の理念と畜産経営を両立させながら、 現在都内外あわせて24戸の養豚農家が生産に全力を注いでいます。皆様の食卓にはなかなか届きにくいのが現状ですが、ぜひこの機会にお求めになってください。数に限りがございますので商品の発送がご希望に添えない場合かございますので、あらかじめご了承ください。
いますぐお買い求めの方はオンライン・ショッピングのページへ!

取扱い店は東京都の指定販売店(TOKYO X Association会員)のみとなっております。
類似品や偽物にご注意してください。