首都圏ミートパッカー輸出推進協議会
Tokyo Metropolitan Meat-Packers Export Association



 
  ごあいさつ  
 
 

 
当協議会は、首都圏・関東を中心とした地域の畜産生産者と食肉流通事業者を会員として、
国内産の優良な食肉等を、今後期待される海外市場に向けて輸出推進し、
日本産食肉ブランドの認知度向上と、ブランドの確立を目的に設立しました。

また、政府も推進する日本ブランドの輸出推進の取り組みの一環として、
日本ブランドの和牛、銘柄豚肉等を海外に積極的に輸出することが、
将来、国内生産者の生産意欲や、経営に対する意識の改革、生産地の活性化や担い手の育成確保などに
もつながっていくことだろうと考えます。

国内消費は、食肉消費の減退から、業界全体に閉塞感が漂っていますが、視線を国外に移せば、
著しい経済発展を遂げている中国、東アジア諸国を筆頭に、日本食材への関心が高まっています。
ところが、一方で、口蹄疫や原発事故などから、輸出が停滞したこともあり、外国産のWAGYUが、
海外市場において、かなり浸透してきているのもまた事実であります。

こうした危機感から本協議会を設立して、会員の知恵と経験を活かし、
相互のネットワークを駆使しながら、海外のユーザーに直接販売するようなしくみづくりと、
日本産ブランドの価値を高めていくような活動が必要だと考えます。
そのためには、私たちはもっと、海外市場や末端のニーズを把握して、
その要求にこたえられるような体制作りと、品質の安定と選別も必要だと考えます。

現在、会員は、関東を中心とする有志で構成していますが、今後は産地に縛られず、
輸出に熱心な生産者にも会に加わっていただき、本協議会から、
いくつかの海外ブランドを立ち上げ、海外でも多くの人に、日本産食肉を食べてもらい、
日本産ブランドの真価が認められるように・・・・。
その一助になれることを誓い、挨拶の言葉とさせていただきます。


首都圏ミートパッカー輸出推進協議会
代表理事 阿部 昌史
 

 

 
   
   

 
   ●本協議会の目的  
   
国内生産された優良な食肉等を、海外市場に向けて輸出を推進し、
日本産食肉ブランドの認知度向上と日本産食肉ブランドの確立を目的とする。
 
   

 
   ●本協議会の事業内容  
   
1.海外市場、ニーズ、海外の流通状況などの調査、研究、検証
2.海外市場に関する情報交流
3.海外向けブランドの開発と普及活啓発に向けた販売促進活動
4.その他本協議会の目的を達成するために必要な事業
 
 
 WAGYU SAMURAI とは?

和牛作りに全身全霊を尽くす日本の生産者の姿はまさにWAGYU SAMURAIです。
実に個性豊かで、日本の和牛への深いこだわりは世界一と言えるでしょう。
アイデアと精密さをそなえた日本各地の和牛農家を私たちがこれまで構築してきたネットワークを生かして掘り起こします。
侍の精神は、今も日本各地で和牛作りに心血を注いでいる人々の中に脈々と生きつづけているのです。
     
詳しくは⇒ WAGYU SAMURAI STORY
 


当協議会は日本畜産輸出促進協議会の会員です。
ホームページはこちらから




私たちは和牛統一マークを推奨しています。
 
   

 
   ●会員さまへの重要なお知らせ  
 
 
 
●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会 定款・規約
●WAGYU SAMURAI料理レシピ集 『Recipes of Japanese WAGYU Cooking』

 

 

 
   
 
 
   ●掲載された新聞、雑誌などの関連記事  
 
 
2017年 掲載記事
●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会が総会(9月7日畜産日報掲載記事)
●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会が総会(9月5日食肉速報掲載記事)
●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会 日本産食材サポート店認定制度(1月14日バンコク週報掲載記事)

2016年 掲載記事
●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会がフィリピンで和牛セミナー(12月1日ミートジャーナル1月号記事)
●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会がフィリピンで和牛セミナー(11月8日畜産日報記事)
●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会がフィリピンで和牛セミナー(11月15日食肉通信記事)
●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会がフィリピンで和牛セミナー(11月8日食肉速報記事)
●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会が総会(6月27日畜産日報記事)
●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会が総会(6月27日食肉速報記事)
●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会がタイで和牛プロモ(4月23日バンコク週報記事)
●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会がタイで和牛プロモ(3月1日ミートジャーナル3月号記事)
●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会がタイで和牛プロモ(2月23日食肉通信記事)
●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会がタイで和牛プロモ(2月16日畜産日報記事)
●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会がタイで和牛プロモ(2月15日食肉速報記事)
●「和牛」食材セミナー開催(2月10日ArayZタイ、アセアン、バンコクのビジネスマガジン記事)

2015年 掲載記事
●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会が理事会(12月21日畜産日報記事)
●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会が理事会(12月18日食肉速報記事)
●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会が総会(7月14日食肉通信記事)
●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会が総会(7月1日畜産日報記事)
●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会が総会(7月1日食肉速報記事)

●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会がタイでプロモーション(3月10日食肉通信記事)
●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会がタイでプロモーション(3月5日畜産日報記事)
●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会がタイでプロモーション(3月3日食肉速報記事)
2014年 掲載記事

●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会が総会(5月21日畜産日報記事)
●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会が総会(5月21日食肉速報記事)
2013年 掲載記事

●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会が総会(7月9日食肉通信記事)
●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会が総会(7月2日食肉速報記事)
●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会が総会(7月1日畜産日報記事)
2012年 掲載記事
●畜産生産者と流通事業者らが輸出目指して組織化(11月1日畜産コンサルタント11月号記事)
●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会発足(10月1日ミートジャーナル10月号記事)

●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会発足(9月4日食肉通信記事)
●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会発足(8月24日食肉速報記事)
●首都圏ミートパッカー輸出推進協議会発足(8月24日畜産日報記事)

 

 

 
   

 
   ●協議会役員  
   
  協議会役員 (平成27年12月現在)
役職名 氏名 所属会社・機関など
代表理事 阿部 昌史 潟~ートコンパニオン
副代表理事 原田 知昌 原田畜産食品
副代表理事 桜井 和巳 且R梨食肉流通センター
理事 阿部 徳次 潟Aグリス・ワン
理事 宮 健一  潟~ヤミート 
理事 森島 了  潟Eエイ 
理事  小堀 正展  小堀正展牧場
理事  河上 貴一  エムケイ開発
理事 本田 一郎 アクサトレーディング
理事 宮下 義史 給{下畜産総合サービス 
会計監査役 植井 敏夫 農業生産法人上里ファーム


事務局員 福島 孝義 潟~ートコンパニオン
事務局員 関井 信也 潟~ートコンパニオン
 
   
  事務局
〒190-0013 東京都立川市富士見町6-65-9 潟~ートコンパニオン内
TEL: 042-526-3451 FAX : 042-528-0457