会社概要

会社名 株式会社ミート・コンパニオン
本社 〒190-0013 東京都立川市富士見町6-65-9
TEL. 042-526-3451(代) FAX. 042-528-0457
設立 昭和49年5月15日
資本金 6,000万円
主な株主 阿部 昌史
従業員持ち株会
代表者 代表取締役社長 阿部 昌史
役員 取締役会長 阿部 徳次
常務取締役 植村 光一郎
取締役 阿部 美穂
執行役員 小石 伸市
執行役員 福島 孝義
監査役 阿部 紀子
従業員数 486名/その他派遣会社従業員(平成29年3月現在)
関連会社 Meat-Companion International Co.,Ltd.(タイ・バンコク)
Samurai Food Services Co.,Ltd.(タイ・バンコク)
MEAT-COMPANION PHILIPPINES CO.,INC.(フィリピン)
農業生産法人 株式会社あぐりすグリーンファーム(沖縄県)
取引銀行 横浜銀行相模原駅前支店、りそな銀行橋本支店、三菱東京UFJ銀行相模原支店、八千代銀行橋本支店、多摩信用金庫南口支店、他
平成29年3月期 売上高276億2,607万円(前年対比94.5%)
平成28年3月期 売上高292億3,215万円(前年対比105.4%)
平成27年3月期 売上高277億3,961万円
(平成26年4月 子会社㈱日本カイハツミート吸収合併による)

常に業界をリードしてきた㈱ミート・コンパニオンは、徹底した商品管理システム、流通システム、優れた人材の登用と育成、また研究開発を旨とする企業姿勢を柱に、より一層の前進を目指します。
また、㈱アグリス・ワンの親会社として、弊社グループの相互の連携と各事業の発展のために、本部機能を強化しています。

会社名 株式会社アグリス・ワン
本社 〒351-0111 埼玉県和光市下新倉6-9-20
TEL. 048-463-3813(代) FAX. 048-466-9226
設立 昭和35年7月18日
資本金 9,000万円
代表者 代表取締役社長 阿部 昌史
役員 取締役会長 阿部 徳次
取締役副社長 植村 光一郎
常務取締役 小石 伸市
監査役 阿部 美穂
従業員数 70名(平成29年3月現在)
事業の内容 家畜の処理・解体並びに食肉の加工及び販売
生畜及び食肉の仕入れ・販売
畜産食料品、冷凍食品の仕入・販売
平成29年3月期 売上高48億7,477万円(前年対比93.4%)
平成28年3月期 売上高52億1,672万円(前年対比115.4%)
平成27年3月期 売上高45億1,876万円(前年対比89.1%)

埼玉県和光市という大消費地東京都と埼玉県に立地している弊社グループの国産牛肉部門の中核を担う食肉センターです。1日当たりのと畜解体処理能力は、牛120頭、豚350頭であり、各地の協力牧場で生産された良質の肉牛をぞくぞくと集荷しています。 と畜から部分肉加工まで外気に接触することなく、HACCPの実践による衛生的かつ万全の安全環境を実現しているので、鮮度の高い安全な商品を安定的に供給しています。また、埼玉県で初めて海外輸出食肉取扱施設認定を取得しており、和牛の海外輸出にも積極的に取り組み、食肉センターとしては関東で初となる安全品質食品国際認証SQF認証を取得しています。

グループの主な得意先

大手スーパー多社、ファミリーレストラン多社、焼肉チェーン店多社、ファーストフードチェーン店多社、コンビニエンスストア、大手百貨店、量販店、中間卸売業者、小売店、ホテル、レストラン、他

ミート・コンパニオン・グループは本社立川工場をキーステーションにそれぞれの工場施設が連携をとりながら生産体制を充実させ、着実に実績を高めています。
国内、海外の市場動向、消費動向、商品開発についての情報交換、効率的な流通経路の開発努力など、親密で垣根のないネットワークがさらなる飛躍をめざす大きな力となっています。

会社沿革

H29.4 (株)アグリス・ワン和光ミートセンター(施設番号SA-1)
厚生労働省よりフィリピン国への輸出食肉取扱施設を認定
H29.3 (株)ニイチク(東京都江東区)と資本・業務提携を締結
H28.11 当社の海外ブランド「WAGYU SAMURAI」が
食品産業技術功労賞 国際部門を受賞
H28.9 フィリピン国マカティ市に現地法人MEAT-COMPANION PHILIPPINES CO.,INC.を設立
資本金400,000フィリピンペソ
H28.7 グループ農業生産法人(株)あぐりすグリーンファーム
自社で肥育した黒毛和牛を初出荷
H28.5 直営の鉄板料理店”DANRAN亭 鉄板バル”をオープン(立川駅南口)
H27.10 (株)アグリス・ワン和光ミートセンター(施設番号SA-1)
厚生労働省よりミャンマー国への輸出食肉取扱施設を認定
H27.6 (株)アグリス・ワンが子会社和光フーズ(株)を吸収合併
H27.3 タイ国バンコク・スクンビットに高級レストラン
「WAGYU SAMURAI」をオープン
H26.11 タイ国におけるレストラン運営を目的として、
現地法人Meat-Companion International Co.,Ltd.が51%出資する関連会社Samurai Food Services.,Ltd.を設立
資本金4,000,000バーツ
H26.9 (株)アグリス・ワン和光ミートセンター(施設番号SA-1)
厚生労働省よりベトナム国への輸出食肉取扱施設を認定
H26.7 沖縄県に農業生産法人株式会社あぐりすグリーンファームを設立
H26.4 (株)ミート・コンパニオンが子会社(株)日本カイハツミートを吸収合併
H25.11 (株)アグリス・ワン安全品質食品国際認証SQF認証を取得
食肉センターとしての取得は関東で初となる
H25.10 Meat-Companion International Co.,Ltd.
資本金2,000,000バーツに増資
H25.4 (株)ミート・コンパニオン沖縄事業所を開設
H25.3 (株)ミート・コンパニオン年商200億円以上を到達
H25.2 タイ国バンコク市内に現地法人Meat-Companion International Co.,Ltd.を設立
資本金500,000バーツ
H24.5 (株)ミート・コンパニオン
資本金6000万円に増資
H24.4 (株)アグリス・ワン和光ミートセンター
タイ国へ日本産牛肉の輸出開始
H24.4 (株)ミート・コンパニオン(株)どんより鶴ヶ島工場及び製造事業を事業譲渡により取得
(株)ミート・コンパニオン鶴ヶ島工場とする
H24.3 (株)アグリス・ワン資本金9000万円に減資
H23.5 (株)東食ミートセブン全株式の売却譲渡
H23.4 (株)アグリス・ワン和光ミートセンター(施設番号SA-1)
厚生労働省よりタイ国への輸出食肉取扱施設を認定
H23.4 (株)ミート・コンパニオン土浦事業所を(株)日本カイハツミート東京支店に併合
(株)日本カイハツミート相模原工場の販売業務を(株)ミート・コンパニオンに移行し、グループ内販売部門を統合
H22.7 (株)日本カイハツミート相模原本社工場を全面改築し
国産牛肉加工場と国産豚肉加工場を本社工場に集約
H22.5 (株)ミート・コンパニオン㈱京樽より福島工場及び製造事業の一部を事業譲渡により取得
(株)ミート・コンパニオン福島工場とする
H22.4 (株)日本カイハツミート相模原工場を竣工
相模原本社工場、フレッシュセンター、八王子工場の3拠点の製造を新工場に集約
H22.3 (株)ミート・コンパニオン
資本金5900万円に増資
H22.3 (株)東食ミートセブン(施設番号T-1)
厚生労働省より対外輸出食肉取扱施設認定(対マカオ)
H22.1 (株)アグリス・ワン和光ミートセンター
マカオへ日本産牛肉の輸出開始
H21.10 (株)アグリス・ワン和光ミートセンター(施設番号SA-1)
厚生労働省より対外輸出食肉取扱施設認定(対マカオ)
H21.4 (株)ミート・コンパニオン代表取締役社長に阿部昌史が就任
H19.8 外食店舗4号店目となる”七輪牛タンDANRAN亭”をオープン(立川駅南口)
H19.7 (株)日本カイハツミート品川支店の所在地を移転
東京支店(江東区新木場)と名称を改め、営業開始
H19.3 (株)ミート・コンパニオン
資本金5700万円に増資
H18.10 (株)東京ミートセブンと東食サービス(株)の2つの関連子会社を合併によって統合する 商号を株式会社東食ミートセブンと変更する
H18.9 明治アグリス(株)の株式譲受
(株)ミート・コンパニオンの関連子会社とする商号を
株式会社アグリス・ワン(資本金2億5000万円)と変更する
H18.6 東食サービス(株)の株式譲受、(株)ミート・コンパニオンの関連子会社とする
(有)ダイヤビーフ外商部の営業権を譲受
(株)ミート・コンパニオン業務卸課を設置して、営業を開始
H18.5 “炭火焼肉暖らん亭”3号店をオープン(相模原市橋本市)
H18.3 (株)ミート・コンパニオン社員持株会を設置
資本金5600万円に増資
H17.12 (株)日本カイハツミートデリカセンターを改築し、相模原第二工場フレッシュセンターとして再開 チルド製品の製造を目的とし、365日稼働開始 “炭火焼肉暖らん亭”2号店をオープン(相模原市中央区)
H17.11 (株)ミート・コンパニオン新潟第二工場デリカセンターを竣工、
冷凍食品、加熱調理製品の製造を主とした専用工場として、稼働開始
(株)ミート・コンパニオン土浦事業所を移設
加工場を併設した営業所として稼働開始
H17.5 (株)ミート・コンパニオン外食事業課を設置
直営店”炭火焼肉暖らん亭”1号店をオープン(横浜市青葉区)
H16.3 (株)ミート・コンパニオン年商100億円以上を到達
(株)日本カイハツミート年商60億円以上を到達
H15.7 コアミミート(株)および(株)東畜の営業権を譲受
(株)日本カイハツミート品川支店、
(株)ミート・コンパニオン土浦工場およびハムソーセージ工場として営業を開始
H15.1 東京食肉市場内に品川事業所を開設し、営業開始
H14,11 (株)日本カイハツミート八王子工場を開設し、365日稼働開始
H14.5 本庄食肉センター内に埼玉事業所を開設(埼玉県本庄市)
全国の産地より銘柄牛の生体導入を開始し、トレーサビリティーを確立した自社ブランドビーフの販売開始
H14.2 (株)太田屋食品の株式譲受
東京食肉市場内(東京都港区港南)にグループ共同仕入会社として、商号を(株)東京ミートセブンと変更し営業開始(資本金1000万円)
H11.4 東京都畜産試験場の開発した高品質系統豚TOKYO Xの本格的販売を開始
H11.2 (株)ミート・コンパニオンに三井物産(株)資本参加、資本金5000万円に増資
H9.1 検査部門 食品衛生研究室を設置
H6.11 (株)日本カイハツミートデリカセンターにて冷凍食品製造量産稼働
H6.8 (株)ミート・コンパニオン生肉商品管理で独自のPOSシステムを導入
H5.5 (株)日本カイハツミート新社屋・工場完成、加工部門は365日稼働体制をとる
H3.7 (株)ミート・コンパニオン冷凍食品製造技術導入、量産体制に入る
H1.8 和牛の肥育生産開始、新潟県に別法人(有)妻有牛肉生産公社設立
S63.5 (株)ミート・コンパニオン新潟工場竣工、十日町営業所開設
S61.2 (株)ミート・コンパニオン業務用卸部門、小売店舗開設
S60.3 (株)ミート・コンパニオン国産生肉卸部門、
ポーションコントロール部門別体制をとる
S58.10 (株)ミート・コンパニオン本社屋完成、地上4階
S58.5 (株)ミート・コンパニオン資本金3500万円に増資
S55.11 日本食品開発(株)を買収
同時に別法人(株)日本カイハツミート設立
(神奈川県相模原市 資本金2300万円)
S55.5 川崎営業所開設、(財)日本食肉流通センター内
S54.3 本店を新宿区より立川市に移転
S52.7 ポーションコントロールカット技術導入、
外食産業向けの加工肉の量産体制に入る
S50.10 立川営業所開設
S49.5 株式会社ミート・コンパニオン設立
(東京都新宿区箪笥町 資本金1200万円)